大切なシャンプー選び

シャンプーは髪や頭皮の健康状態に関わりますので、自分に合ったものを選びたいものです。大きく分類すると、3タイプがあります。一般的に刺激が弱い方がいいと思われがちなので、そうなるとアミノ酸シャンプーになりますが、一概にいいとはいえません。アミノ酸シャンプーは刺激が弱い半面、洗浄力が弱いという性質もあるからです。

その種類のシャンプーにも必ず入っているのが、界面活性剤です。配合されている界面活性剤の種類によって、シャンプーは大きく違ってきます。広告や宣伝のいいイメージだけで判断するのではなく、成分を確認することが大切です。成分表示は、配合量が多いものから順番に記載する決まりとなっています。1番目に書かれているのは水、2番目が界面活性剤です。

シャンプーをしたあとは、多くの人が必ずといっていいほどトリートメント、コンディショナー、リンスなどを行うでしょう。これらは大切な役割を果たしていますが、刺激があることも事実です。刺激が強過ぎる四級カチオン界面活性剤を配合したものは避け、あとは頭皮にじかに塗布しないよう使用することをお勧めします。

シャンプーの種類やそれぞれの特徴を知っていれば、自分に合った製品を選べるようになります。髪や頭皮に自信がなかった方でも、実は髪ではなくシャンプー選びがよくなかったのだとわかることもあるでしょう。キレイな髪や健康な頭皮を手に入れるために、本サイトで勉強してみてください。 /p>